読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミリーカーを買い替えてみたブログ

私自身のファミリーカーを買い替えで色んなサービスを駆使してみるブログ

スバル エクシーガ クロスオーバー7を新車見積もりしてみた

f:id:family_carlife:20170314044037j:plain 米国での人気上昇による販売好調と、新型インプレッサの『第37回2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー』受賞により、ますます勢いづいているスバル。社名も2017年4月1日に「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」に変更予定と、何かと話題に登ることが多くなりました。

そんなスバルが2008年に自社初の7人乗りミニバンとしてリリースしたのがエクシーガで、クロスオーバーSUVテイストを与えられて2015年に現在のクロスオーバー7」となりました。スバリストにとっては唯一無二の7人乗りということもあり、さらには本格的リアルタイム4WD車としては独特のポジションに位置づけています。

ということで、『三菱デリカD:5』とともに新車候補となっているのが、この「クロスオーバー7」です。デリカとも負けず劣らず独特の価値を持ち、アウトドア派としても車好きとしても心をくすぐられる要素が満載です。

スバルの上位車種のレガシイの骨格を流用していて、かつ4WDでパワーシートやシートヒーター、アイサイトVer2に本皮巻ステアリングなどの装備が標準で付いてくる割に270万円という価格に収めたクロスオーバー7。価格的にかなり魅力です。またモデル末期ということで値引きは期待できないのかという目論見もあります。

ということで、本ページでは私が購入できそうかどうか、またも見積もりにチャレンジしました。

まずはネットで無料見積もり

便利な世の中になったものです。

見積もりはディーラーに出向くのが当たり前だったですが、いまやネットでチョイの時代。しかも簡単なプロフィールを登録しさえすれば、各メーカーの車種がグレード指定で見積もり依頼ができちゃうという。

で、またも深夜の2:30にクロスオーバー7の新車見積もりを依頼しちゃいましたw 当然ですが妻には内緒ですw まずは家族会議の審議にかけることができそうな価格帯か雰囲気を掴んでみないとですね。見積もり依頼は標準仕様車は1グレードですので迷いようがありません。

中古車をローン組んで買ったことしかない私が、新車を買えそうな気がするレベルにまで調整できるのでしょうか。最初の見積もりに値引きは望んでも仕方がないですが、どんな感じになるか!?

使ったのはクルマ関連のニュースサイトとしてオートックワンのサービス。一回プロフィールを登録しさえすれば、車種とグレードを選ぶだけで新車見積もり依頼ができました。 セールス電話なども一切ないし、快適で時短できます。オススメ。

>> オートックワン

早速見積もり返ってきた (New!)

深夜に依頼出して、日曜の翌日に返信がありました。さすが、ディーラーの営業って感じですね。

見積もりの内容はディーラーへ試乗にいったときに出される、雰囲気を掴むための見積もりって感じ。さすがにモデル末期。最初から値引きが付きますねw あとは更なる値引きとオプションの交渉次第かな。どれくらい値引き行けるのかな。

せっかくなのでw、残価設定型ローンだとどんな返済計画になるのか返信してみました。住宅ローン持ちとしては、高額な毎月の返済はキツイ。でも、クルマ購入の貯金ができるまで待つということはできない、典型的な浪費型のワタシ…。

これまたサクっと返信が来ました。平日に話が進むって結構いいですね。

またも返信返ってきた。

現行で生産が終わる「ダークブルー・パール」に革シートのメーカーオプションが付けたかったんですが、確認を依頼したところすでに取扱終了でした。で、残価設定型ローンでは5年後の残価は 「918,000円」。高値ではありませんが、現実はもっと値崩れしそうです。残価設定の方が安心な気さえしてきました。下取り38万円の見積もりで出てきていますが…、我が家のエディックスにはそんな価値は残っていなさそうです。Goo買取の自動相場診断では10万円代前半…。無念です。

流行りの中古車一括見積もりしてみたら希望の光が見えるのかなぁ…。アレ、セールス電話がキツイという噂を聞いて、二の足を踏んじゃうんですよね。Goo買取の方はWebの自動システムで閉じているので気軽なんですけどね。

試乗の予約へ (New!)

さて、対応も良かったので、一度乗ったことのある「タングステン・メタリック」以外のカラーを希望してみることに。希望どおりの試乗車があれば、日程予約へ進めようと思います。

子連れだと、ディーラーでの待ち時間って結構キツイですよね。飛び込みで試乗に言ってみたら1時間以上待たされたことがあり、試乗から返ってきても小一時間話を聞くことになったので、ちょっと嫌な思い出になっています…。一応各社の公式ページからも試乗予約できることもあるのてずが、オートックワンだとメールである程度摺合せしてから、時間を決めてから出向けるので時間の効率がいいですね。

さて、ではでは試乗へ言ってきます!

>> オートックワンでクロスオーバー7の見積もりを見る